1. トップページ
  2. プロジェクト
  3. 令和2年度 ” こども夢の商店街 & こどもサポーター”

令和2年度 ” こども夢の商店街 & こどもサポーター”

「こども夢の商店街 & こどもサポーター」

 

★ ”こども夢の商店街” は、こどもが自分で働くことの面白さや苦労を学んで

「生きる力」を育むイベントです。

活動中こどもたちは、予め決まった仕事に就き、商売をして給料をもらい、

自分で稼いだお金を自由に使います。

ここで稼ぐのが、おむすび通貨なのです。

 

おむすび通貨の使い方として、・・・・・・

例えば、地元のお米と交換したり、地域のケーキ屋さんで使うことができるので、

地域の活性化にも繋がっています。

 

★ 当日学生たちはボランティア活動としてこどもサポーターの役につき、

こどもたちに、「銀行」「領事館」「ハローワーク」など、

お仕事の内容を教えたり、励ましたりするコーチになりました。

 

 

☆ お仕事が終わったら、学生たちとこどもたちの双方が笑顔で、

「頑張ったね!」「できたね!」という達成感を分かち合えていました。

 

~夢が感じられるようなイベントになってよかったなあ・・・!~ 

 

 

* 今年は新型コロナウイルス感染が猛威を振るい、感染拡大の影響のため、

”こども夢の商店街” イベントの開催日数が減りました。

初冬の訪れが来た頃から、こどもさんたちや学生の皆さんが待望にしていた

イベント活動が開催されるようになりました。

感染症対策(マスク着用・手指の消毒・非接触型検温・参加人数制限・接近の回避等)を

行い、状況に応じた適切な措置を取りながら開催運営をしました。

 

 ~さあ、どんなイベント展開になったのでしょうか?

これから、見ていきましょう!・・・楽しみ!・・・~

 

 

愛知学院大学 地域連携センター
〒462-8739 愛知県名古屋市北区名城3-1-1 TEL:052-911-1011 FAX:052-325-2102

愛知学院大学総合サイト